Prainブログ

ゲーム開発とかIT小話とかその他雑記のブログ

*

Cocos2d-x 多言語に対応したアプリのプログラム実装方法(処理のローカライズ)

      2016/10/17

program_localization_02

こんにちは。akiです。

この記事では、Cocos2d-xにおいてアプリを多言語対応にするやり方を説明します。とっても簡単です。

 

■環境

XCode:7.3.1

Cocos2d-x:3.9

 

 

スポンサーリンク

 

 

getCurrentLanguage()を使う

Cocos2d-xのメソッドである「getCurrentLanguage()」を使用します。このメソッドは端末やシミュレータの言語設定を取得します。Cocos2d-xのサンプルコード中のラベル表示部分を下記のように変更してみます。

    Label* label;
    
    auto Langauge = Application::getInstance()->getCurrentLanguage();

    // 言語環境が日本語の場合は日本語で処理
    if(Langauge == LanguageType::JAPANESE){
        label = Label::createWithTTF("Japanese", "fonts/Marker Felt.ttf", 24);
        
    // 言語環境が日本語以外の場合は英語で処理
    }else{
        label = Label::createWithTTF("English", "fonts/Marker Felt.ttf", 24);
        
    }

 

 

動作確認

シミュレータの言語設定を日本語にして確認します。

「Xcode->Product->Scheme->Edit Scheme」の「Run->Options」から「Application Language」を”Japanese”に変更します。

言語設定

 

実行結果

program_localization_02

 

次にシミュレータの言語設定を英語にして確認します。

「Xcode->Product->Scheme->Edit Scheme」の「Run->Options」から「Application Language」を”English”に変更します。

言語設定

実行結果

program_localization_01

以上です。

 - , ,

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

マップイメージ
ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第14回 「プレイヤー攻撃によるダメージ計算、ターン交代」

今回はプレイヤーのターン、敵のターンを交互に行うようにしていきます。また、それぞ …

遊びを繋げ新たな地平へ プレイン Prain
ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第9回 「移動しているボールの減速」

この辺りで大体折り返し地点です。   さて、弾いたボールはだんだんと減 …

SDKBoxを使ってアプリ内課金をするやり方 インストール編

この記事では、アプリ課金のためのSDKBoxインストールのやり方を説明します。 …

iOSアプリ 「フェリクスマギアの魔女」リリース予定です

新作iOSアプリ 「フェリクスマギアの魔女」 2/27リリース予定です。宜しくお …

ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第11回 「音楽、効果音を鳴らす」

いつになったらゲームで音楽を流せるようになるの~   最初に書籍でco …