Prainブログ

ゲーム開発とかIT小話とかその他雑記のブログ

*

Cocos2d-x iOS アプリ名(アプリのアイコン名)のローカライズ方法

   

こんにちは。akiです。

この記事ではCocos2d-xでのアプリ名(アプリのアイコン名)のローカライズについて説明します。デバイスの環境に応じて一つのアプリのタイトル名を、日本語と英語でそれぞれ表示できるようにしましょう。

icon_name_02

言語環境を日本語に設定した場合

icon_name_01

言語環境を英語に設定した場合

 

■環境

XCode:7.3.1

Cocos2d-x:3.9

 

■目次(手順)

 

 

スポンサーリンク

 

 

InfoPlist.stringsの作成

最初に新規ファイルとしてInfoPlist.stringsを作成します。

・「Xcode->File->New->File」を選択

・「Resources->Strings File」を選択

icon_name_05

 

・ファイル名を「InfoPlist.strings」として保存、Info.plistと同じディレクトリに配置

icon_name_06

これでInfoPlist.stringsのファイル作成は終わりました。

 

 

InfoPlist.stringsにLocalizationで”English”と”Japanese”を選択

作成したInfoPlist.stringsを選択したら、Xcodeの右側に「Localization」が表示されるので、「Localization」を押下して「English」を選択します。

icon_name_08

 

 

今度はXcode右側の「Localization」に「Japanese」も表示されるようになるので選択すると、下図のようにInfoPlist.strings(English)、InfoPlist.strings(Japanese)が表示されるようになります。

icon_name_12

Japanese選択前

 

icon_name_13

Japanese選択後

 

 

英語と日本語でそれぞれアプリ名を設定

InfoPlist.strings(English)を選択して以下のように記述しましょう。ここでは英語環境下のアプリ名を設定しています。


CFBundleDisplayName = "TestApp";

icon_name_14

 

 

続いてInfoPlist.strings(Japanese)を選択して以下のように記述しましょう。ここでは日本語環境下のアプリ名を設定しています。これでアプリ側の設定は完了です。


CFBundleDisplayName = "テストアプリ";

icon_name_15

 

 

動作確認

シミュレータで言語環境を設定して確認・・・したかったのですが、シミュレータ上ではうまく動作しなかったので実機で確認したところ動作確認できました。

icon_name_02

言語環境を日本語に設定した場合

 

icon_name_01

言語環境を英語に設定した場合

以上です。

 - ,

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

マップイメージ
ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第14回 「プレイヤー攻撃によるダメージ計算、ターン交代」

今回はプレイヤーのターン、敵のターンを交互に行うようにしていきます。また、それぞ …

スプライトシート作成
Cocos2d-x スプライトシートを作成して画像を楽に管理したい

Cocos2d-x スプライトシートを作成して画像を楽に管理したい この記事では …

SDKBoxを使ってアプリ内課金をするやり方 インストール編

この記事では、アプリ課金のためのSDKBoxインストールのやり方を説明します。 …

cocos2dx
Cocos2d-x カスタムイベントを削除するタイミング

こんにちは、akiです。 この記事ではカスタムイベントを削除するタイミングについ …

cocos2dx
Cocos2d-x サーバ側の処理とデータ送信(Httpレスポンス)

この記事は「Cocos2d-x セーブデータをサーバに送信して保存する」の続きに …