Prainブログ

ゲーム開発とかIT小話とかその他雑記のブログ

*

Cocos2d-x セーブデータをサーバに送信して保存する

      2017/05/06

cocos2dx

こんにちは、akiです。

この記事ではクライアントからサーバにセーブデータを送信して、サーバ側にデータを保存しておく方法を説明します。

 

■環境

XCode:8.2.1

Cocos2d-x:3.9

 

■通信方式:Http

■データ形式:Json

 

この記事は全4回で構成していきます。

・第1回 : サーバにデータを保存したい理由と全体の流れ(ここ)

・第2回 : クライアント側の処理とデータ送信(Httpリクエスト)

・第3回 : サーバ側の処理とデータ送信(Httpレスポンス)

・第4回 : クライアント側のレスポンス処理

 

 

スポンサーリンク

 

 

サーバにデータを保存したい理由

チート対策

スマホなどのクライアント側にセーブデータなどを置いておくと、結構簡単にチートできてしまうようです。

というわけで、チートされては困るセーブデータやマスター系のデータはなるべくサーバ側に保存しておきたいわけです。

 

セーブデータの復旧

スマホ落としちゃったよ!とかの場合も、サーバ側にセーブデータがあれば比較的容易に復旧できます。

 

データ解析

アナリティクスでは取れないような細かいデータも、サーバにあれば取得して解析できます。

 

 

全体の流れ

 

flow

 

次回は「第2回 : クライアント側の処理とデータ送信(リクエスト)です。

 

 -

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

cocos2dx
ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第1回 「ゲームを作ろう!!」

ゲーム制作をやってみたい!   誰もが一度はちらっと考えることなのでは …

cocos2dx
Cocos2d-x クライアント側のHttpレスポンス処理

この記事は「Cocos2d-x セーブデータをサーバに送信して保存する」の続きに …

SDKBoxを使ってアプリ内課金をするやり方 インストール編

この記事では、アプリ課金のためのSDKBoxインストールのやり方を説明します。 …

文字送り
Cocos2d-x テキストを1文字ずつ表示する文字送りのやり方

こんにちは。akiです。 この記事ではテキストを1文字ずつ表示する「文字送り」に …

シミュレータ
ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第5回 「ボールを動かそう」

今回はCocos2d-xのupdateメソッドでボールを動かしていきます。 &n …