Prainブログ

ゲーム開発とかIT小話とかその他雑記のブログ

*

Cocos2d-x サーバ側の処理とデータ送信(Httpレスポンス)

      2017/05/06

cocos2dx

この記事は「Cocos2d-x セーブデータをサーバに送信して保存する」の続きになります。

・第1回 : サーバにデータを保存したい理由と全体の流れ

・第2回 : クライアント側の処理とデータ送信(Httpリクエスト)

・第3回 : サーバ側の処理とデータ送信(Httpレスポンス)(ここ)

・第4回 : クライアント側のレスポンス処理

 

 

スポンサーリンク

 

 

サーバ側の処理とデータ送信(Httpレスポンス)

サーバ側ではJson形式のデータをデコードし、テキストファイルとして保存するまでを処理として記述します。

flow_3

 

サーバ側の処理

Jsonデータのデコード

サーバで受信したJsonをphpプログラムで処理できるようにデコードします。

 

テキストファイルとして保存

デコードしたJsonデータをテキストファイルとしてサーバに保存します。

 

 

データ送信(レスポンス)

Jsonデータのデコード、テキストファイルとして保存する処理が完了するとレスポンスが送信されます。

 

 

プログラムの実装

<?php
/* Jsonデータのデコード */
$json_string = file_get_contents('php://input');
$json_string = mb_convert_encoding($json_string, 'UTF8', 'ASCII,JIS,UTF-8,EUC-JP,SJIS-WIN');
$obj = json_decode($json_string);

/* テキストファイルとして保存 */
file_put_contents("savedata.json", json_encode($obj) ,LOCK_EX);

?>

phpプログラムファイルはPHPサーバの任意の場所に置いて下さい。プログラムファイルの配置を変更した場合は、クライアント側のsetUrlも変更する必要があります。

 

 

次回は「第4回 : クライアント側のレスポンス処理」です。

 -

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ゲームを面白くするために
ゲームを面白くするために意識する3つの要素

  この記事は、シリーズ記事 ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第1 …

マップイメージ
ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第14回 「プレイヤー攻撃によるダメージ計算、ターン交代」

今回はプレイヤーのターン、敵のターンを交互に行うようにしていきます。また、それぞ …

アプリ 購入画面
SDKBoxを使ってアプリ内課金をするやり方 プログラム実装~実機テストまでの13の手順

この記事では、SDKBoxを利用したiOSアプリ内課金のプログラム実装から実機テ …

アプリ名のローカライズ
Cocos2d-x アプリのアイコン名変更方法について iOS/Android

こんにちは。akiです。 この記事ではCocos2d-xにおけるアプリのアイコン …

文字送り
Cocos2d-x テキストを1文字ずつ表示する文字送りのやり方

こんにちは。akiです。 この記事ではテキストを1文字ずつ表示する「文字送り」に …