Prainブログ

ゲーム開発とかIT小話とかその他雑記のブログ

*

Cocos2d-x カスタムイベントを削除するタイミング

   

cocos2dx

こんにちは、akiです。

この記事ではカスタムイベントを削除するタイミングについて説明します。

 

掲題の通り、カスタムイベントを登録した場合、不要になった際に明示的に削除してやる必要があります。以下のようなケースで説明しますと・・・

 

replaceScene

 

画面を表示した際に、初期化処理でカスタムイベントを登録するようなシーンを2つ作ったとします。シーンA→シーンB→シーンAと画面遷移した場合、カスタムイベントAは2回登録されることになります。

Cocos2d-xでは同じカスタムイベント名でカスタムイベントを登録してしまった場合、そのカスタムイベントを発行するとプログラムが強制終了してしまいます。ですので、カスタムイベントは必ず削除してやる必要があるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

カスタムイベントの削除

Director::getInstance()->getEventDispatcher()->removeCustomEventListeners("custom_event_name");

“custom_event_name”は自分で定義したカスタムイベント名です。

 

カスタムイベントの削除のタイミング

ダメな例

いちいち画面遷移のタイミングでカスタムイベントを削除するのは面倒なので、シーンに共通するスーパークラス的な物を用意して、画面遷移時にスーパークラスのデストラクタで削除しようと試みましたが、結果はダメでした。

私の環境では、遷移元シーンのデストラクタは、遷移先シーンのコンストラクタ及び初期化処理が呼ばれた後に呼ばれていました。これでは自己画面遷移(シーンAからシーンAへの画面遷移)には対応できないので、この方法はあえなく没になりました。

 

結論

カスタムイベントの削除のタイミングは必ず「画面遷移前に削除する」です。結局私の場合では、カスタムイベント削除付きの画面遷移メソッドをスーパークラスに追加することにしました。

 

また、この記事を書くに辺り、以下の記事を参考にさせていただきました。

 

#タッチイベント登録```lang:TestNode.cppauto listener = EventListenerTouchOneByOne::create();listener->setSwallowTouches(t...

 

 

以上です。

 -

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第16回 「パズル要素を実装する」

ちょっと待って、パズル要素はどこなの???   ・・・ですよね・・・「 …

スプライトシート作成
Cocos2d-x スプライトシートを作成して画像を楽に管理したい

Cocos2d-x スプライトシートを作成して画像を楽に管理したい この記事では …

ゲームを面白くするために
ゲームを面白くするために意識する3つの要素

  この記事は、シリーズ記事 ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第1 …

回復エフェクト
Cocos2d-x アニメーションを利用した回復エフェクトの表示方法

この記事では、Cocos2d-xのアニメーションを利用したエフェクトの表示方法に …

アプリ 購入画面
SDKBoxを使ってアプリ内課金をするやり方 プログラム実装~実機テストまでの13の手順

この記事では、SDKBoxを利用したiOSアプリ内課金のプログラム実装から実機テ …