Prainブログ

ゲーム開発とかIT小話とかその他雑記のブログ

*

好きにやれるっていうことは本当に恵まれていることだと思った

   

サイコロ

久々のブログ更新です。この数週間、人生の修羅場といえる物をほんの少しだけ味わってきたような気がします。チカレタ・・・

そんな修羅場に時間の多くを割くことになり、今抱えているゲーム制作やブログ更新が滞ってしまっていたのですが、またいつもの日常に戻ってきて、やはり「好きにやれる」ということは素晴らしいことだと再認識するようになりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

好きにやれるということ

ここで言う「好きにやれる」というのは、

 

・自分のやり方で

・自由な発想で

・都合のいいタイミングに

・好きな時間だけやれる

 

という意味です。

今までそんなやり方ができていた自分は本当に恵まれていると思いました。そして、好きにやれているということは、周りの多くの人びとの協力あってのことだと改めて気づきました。親兄弟が健康でいてくれることでさえ、自分にとっての協力になっているのです~。

「好きにやれる」ということは「好きなことをやれる」というのと同じくらい大事なことだと思います。それが、勤め人であろうと、経営者であろうと、自営業者であろうと、です。

思えば前職では、以前は好きに出来ていたことが、環境の変化が原因でできなくなってしまったことも離職の一因だったかもしれません。まあ組織に属す以上、ある程度は迎合しないとやっていけないのも事実ですが。

 

さて、この「好きにやれる」という事がいかに大事であるかを世の中に知らしめんがため、1つゲームのアイデアとしてこの雑記の上に落書きとしてとどめておこうかと思います。いつか陽の目を見ると良いね。

 

 

好きにやれるということをゲームにする

■ゲーム概要

主人公はある会社の開発チームの一員。何を作っている会社かは誰も知らないが、日々降りてくる仕様書の内容を開発する、平凡な会社の歯車の一つ。ただし、その会社は社員に絶大な裁量を社内規定として与えていた。

 

【社内規定】

・出社するも自由

・残業するも自由

・資格勉強するも自由

・副業するも自由

・研究するも自由

・社内政治に勤しむも自由

・社内ベンチャーの企画を考えるも自由

etc,etc,etc・・・

 

主人公は日々に忙殺されながらも、なんとかこの社内規定を活かして自由気ままな人生を送ろうと奮闘する。

 

■ジャンル

脱社畜アドベンチャー資源管理ゲー

 

■発売日

20017年春

 

■価格

W¥10,000(いちまんわーるどえん)

 

■想定ターゲットプレイヤー

世知辛い社会に揉まれ、社畜と化す前の前途有望な若者たち

 

 

もちろん仕事である以上、上司の指示などが飛んできます。好きにやるということの重要さを訴えたいゲームであるため、受け身で仕事をしてばかり居るとあっという間に鬱病になりBADENDです。

ただし、好きにやり過ぎると周りから非難されこれもBADENDです。好きにやるというやり方を貫き通すためには、ある程度周りに配慮しつつ、実績を上げ続けなければなりません。

そうしてストレスフリーとなったスーパー正社員ゴッドを目指す「脱社畜アドベンチャー資源管理ゲー」です。結婚、出産、育児、介護などを同時にこなすハードモードも実装予定。

 

 -

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

赤ずきん 狼の少女
ゲームアプリ「赤ずきん 狼と魔女」制作裏話 その2 キャラクターの成長というテーマ

イラストは狼の少女。そのうちヴィネット風に仕上げる予定。   この、「 …

スプラトゥーン ラストフェス 少しでも積極的に参加したい雑記

ビックカメラによったら、ものすごい勢いでアオリちゃんが応援されてました。 &nb …

久しぶりにバンビーノという漫画を読んでみた

バンビーノという漫画をご存知だろうか。   ドラマにもなったので知って …

ue4
ゲームエンジンの進化とその功罪について

  近年、ゲームエンジンの進化は目覚ましいですね。 Unity、UE4 …

赤ずきん 秋色
ゲームアプリ「赤ずきん 狼と魔女」制作裏話 その1 友情というテーマ

  イラストは赤ずきんちゃん。秋色っぽくなってお気に入りです。 &nb …