Prainブログ

ゲーム開発とかIT小話とかその他雑記のブログ

*

5分でわかるプログラミング C++ 処理を引数にとる方法 functionの使い方

   

こんにちは、akiです。

プログラムに慣れてくると、処理そのものを引数に取りたい時が出てくると思います。そんな時は「function」を使うと便利です。

 

 

functionの使い方

functionの定義の例

std::function<void(void)> f_func = [this]{
    CCLOG("piyo");
};

 

 

functionを使う側の定義の例

void HelloWorld::testFunc(std::function<void()> f_func){
    CCLOG("hoge");
    f_func();
    CCLOG("fuga");
}

 

 

呼び出し方

testFunc(f_func);

 

 

実行結果

hoge

piyo

fuga

 

 

Cocos2d-xのボタンの実装などに使えばコーディングの手間をいくらか省けると思います。

 

 -

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

cocos2dx
5分でわかるプログラミング C++ オブジェクトプールの作り方と使い方

こんにちは、akiです。   一般的にオブジェクトのインスタンス生成に …

遊びを繋げ新たな地平へ プレイン Prain
5分でわかる プログラミング C++言語 ポインタとは

5分でわかる プログラミング C++言語 ポインタとは   C++言語 …