Cocos2d-x

Cocos2d-x サーバ側の処理とデータ送信(Httpレスポンス)

投稿日:2017年5月4日 更新日:

cocos2dx

この記事は「Cocos2d-x セーブデータをサーバに送信して保存する」の続きになります。

・第1回 : サーバにデータを保存したい理由と全体の流れ

・第2回 : クライアント側の処理とデータ送信(Httpリクエスト)

・第3回 : サーバ側の処理とデータ送信(Httpレスポンス)(ここ)

・第4回 : クライアント側のレスポンス処理

 

 

サーバ側の処理とデータ送信(Httpレスポンス)

サーバ側ではJson形式のデータをデコードし、テキストファイルとして保存するまでを処理として記述します。

flow_3

 

サーバ側の処理

Jsonデータのデコード

サーバで受信したJsonをphpプログラムで処理できるようにデコードします。

 

テキストファイルとして保存

デコードしたJsonデータをテキストファイルとしてサーバに保存します。

 

 

データ送信(レスポンス)

Jsonデータのデコード、テキストファイルとして保存する処理が完了するとレスポンスが送信されます。

 

 

プログラムの実装

<?php
/* Jsonデータのデコード */
$json_string = file_get_contents('php://input');
$json_string = mb_convert_encoding($json_string, 'UTF8', 'ASCII,JIS,UTF-8,EUC-JP,SJIS-WIN');
$obj = json_decode($json_string);

/* テキストファイルとして保存 */
file_put_contents("savedata.json", json_encode($obj) ,LOCK_EX);

?>

phpプログラムファイルはPHPサーバの任意の場所に置いて下さい。プログラムファイルの配置を変更した場合は、クライアント側のsetUrlも変更する必要があります。

 

 

次回は「第4回 : クライアント側のレスポンス処理」です。

PrainGoogleAdSense

PrainGoogleAdSense

-Cocos2d-x
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイムチャート

ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第15回 「ダメージエフェクトの演出」

おそらくここが一番大変なところですが、ゲーム完成までもう一歩です!   第12回 「ボールヒットエフェクトの表示」でヒットエフェクトを表示しました。その時とやり方はほぼ同じですが、エフェクト …

シミュレータ

ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第3回 「画像の表示処理 解説」

今回はCocos2d-xにおける画像表示コードの解説です。   画像表示処理の解説 前回 第2回 「Cocos2d-xで作ろう!!~画像の表示処理」 の続きです。   先ほどの画像 …

新しいファイル

ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第8回 「より保守性のあるプログラムを目指して」

  何だこのタイトルは・・・ゲーム制作はどこに行ったの?   結論からいうと、この回ではゲームとしての進展はありません。ただ、後々のプログラムの可読性を上げるために、プログラムを少 …

マップイメージ

ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第14回 「プレイヤー攻撃によるダメージ計算、ターン交代」

今回はプレイヤーのターン、敵のターンを交互に行うようにしていきます。また、それぞれのターンで相手に攻撃を行い、ダメージ計算もしていきます。       ターン交代の仕様 …

回復エフェクト

Cocos2d-x アニメーションを利用した回復エフェクトの表示方法

この記事では、Cocos2d-xのアニメーションを利用したエフェクトの表示方法について紹介します。     また、少し実践的なアニメーションの利用方法をシリーズ記事として全5回で予 …