Cocos2d-x ゲーム制作

ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第5回 「ボールを動かそう」

投稿日:2016年7月2日 更新日:

今回はCocos2d-xのupdateメソッドでボールを動かしていきます。

 

さて前回の続きですが、

  1. ボールをタップすると矢印画像を表示する。
  2. そのままタップを移動することで、矢印画像を360度回転できる。
  3. タップを離すとボールが指定された角度で移動する。矢印画像は削除する。

 

という3つの仕様がありました。残っているのは仕様3の「タップを離すとボールが指定された角度で移動する。」というところです。

 

プログラム実装

それではプログラムを記述していきましょう。以下のコードを追加してください。

HelloWorldScene.h

    void update(float dt);
    int _speed = 50;
    bool _isBallMoving = false;

 

 

HelloWorldScene.cpp HelloWorld::init

scheduleUpdate();

 

 

HelloWorldScene.cpp HelloWorld::update

void HelloWorld::update(float dt){
    if(_isBallMoving){
        float x = _ball->getPosition().x - _speed*cosf(CC_DEGREES_TO_RADIANS(_degree));
        float y = _ball->getPosition().y + _speed*sinf(CC_DEGREES_TO_RADIANS(_degree));
        _ball->setPosition(Vec2(x, y)); 
    }
}

 

 

HelloWorldScene.cpp HelloWorld::onTouchEnded

void HelloWorld::onTouchEnded(Touch* pTouch, Event* pEvent){

    if(_allow != nullptr){
        _allow->removeFromParent();
        _allow = nullptr;
    }
    _isBallMoving = true;
}

※前回のonTouchEndedに、ハイライトしている7行目を追記して下さい。

・update
cocos2dxのメソッドで、デフォルトではユーザの操作有無に関わらず、1/60秒毎に実行されます。この中でボールの位置座標を更新することでボールが動いているように見えます。

 

 

プログラム解説

ボールの移動処理

画面をタップした際に角度を取得します。取得した角度にスピードとCos、Sinで計算して得られたX軸方向の移動量、Y軸方向の移動量を、updateメソッド内でボールの座標に加減算することでボールの移動が可能になります。
updateは1/60毎に実行されます。この1/60秒はよくフレームと呼ばれます。他のゲームやテレビも、フレーム毎に画面を更新することで動きを表現しているわけです。

 

ボールの移動タイミング

「_isBallMoving」フラグを定義してタップを放した際にtrueにします。そうすることで、タップを放したタイミングでupdate内部の処理が有効になり、ボールの移動が可能となります。

 

 

シミュレータの起動

それではシミュレータを起動しましょう。

5_sc_simu

土星に向けてスイングバイ!どうでしょうか。ボールが移動したかと思います。そしてそのまま画面外へ・・・

 

次回はボールを画面外に飛ばさないようにしたいと思います。

 

 

次回

第6回 「画面端でのボールの跳ね返り」

 

PrainGoogleAdSense

PrainGoogleAdSense

-Cocos2d-x, ゲーム制作
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パワーゲージ

ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第10回 「パワーゲージによるボール移動距離の強弱付け」

コレは、・・・アレです。動くゲージをどこで止めるかによって、ボールの移動距離が変わるやつです。     パワーゲージの実装方法検討 パワーゲージの実装方法ですが、   パ …

Cocos2d-x モーダルレイヤーの作り方

この記事ではCocos2d-xによるモーダルレイヤー実装のやり方について説明します。     モーダルレイヤーとは モーダルとは操作が完了するまで親への操作を受け付けなくさせるとい …

マップイメージ

ゲーム制作 Cocos2d-x関連 第14回 「プレイヤー攻撃によるダメージ計算、ターン交代」

今回はプレイヤーのターン、敵のターンを交互に行うようにしていきます。また、それぞれのターンで相手に攻撃を行い、ダメージ計算もしていきます。       ターン交代の仕様 …

Cocos2d-x 多言語に対応したアプリのプログラム実装方法(処理のローカライズ)

こんにちは。akiです。 この記事では、Cocos2d-xにおいてアプリを多言語対応にするやり方を説明します。とっても簡単です。   ■環境 XCode:7.3.1 Cocos2d-x:3. …

SDKBoxを使ってアプリ内課金をするやり方 インストール編

この記事では、アプリ課金のためのSDKBoxインストールのやり方を説明します。   環境 XCode:7.3.1 Cocos2d-x:3.9     SDKBoxについて …